嵐の中で

ある日突然、平穏だった日常が内側から崩れ始めました。

はじめの一歩

主人と不仲になってもうすぐ2年になろうとしている。

 

今までブログだったり、Twitterだったりに想いを吐き出してきたが、

 

リアルな友人には誰一人として相談することができなかった。

 

リアルな言葉にしてしまうと、全てが現実のものになって自分自身に返ってくるのが怖かったのかもしれない。

 

現実から目をそらしていたのかもしれない。

 

黙っていたら、今までと変わらぬ生活を続けていくことができる。

 

自分自身気持ちを偽って、砂の上の城を守りたかったのかもしれない。

 

でも、そんなことはやっぱり長くは続かない。

 

ここで漂っているのでなく、前に先に進まなくてはいけないと思った。

 

前述の”理由と条件”に挙げたように、

 

離婚したい理由と離婚時に希望する条件を具体的に考えるようになった。

 

で、その先は・・・。

 

弁護士等の専門家に意見を聞いてみたいと思うようになった。

 

残念ながら弁護士の知り合いは皆無である。

 

法テラスや公的な相談所に行くことも考えたが、

 

まずは東京で暮らしている親友に相談してみることにした。

 

もちろん弁護士ではない。

 

ただ、そのご主人が広いネットワークもお持ちのようで、ダメもとで相談してみることに。

 

その親友にも今までのことは話せていない。

 

いや、何度も何度も話そう、相談したいと思った。

 

でもね、いざ東京で会ったりすると・・・話せなくなった。

 

久しぶりのこの楽しい時間を、こんな暗い話題でぶち壊したくないと思ってしまうのだ。

 

こんな嫌な気持ちになるのは自分一人で十分だと自分自身の中に抱え込んでしまうのだ。

 

でも、このままでは何も進まない。

 

意を決して、親友に長い長いLINEを送った。

 

感情的な文章にならないように、今までの経緯を説明し、離婚に向けての準備を始めたい旨を送った。

 

親友からはすぐに返信が返ってきた。

 

彼女の文章も同じように淡々と感情的ではなく、それでも想いの伝わる返信だった。

 

”話しにくいことを話してくれてありがとう”

 

”知り合いに弁護士はいないが、○○(私の住んでる近く)の知り合いに弁護士がいないかきいてみる”

 

”絶対に別れたほうが良い”

 

といった内容が書かれていた。

 

絵文字は一つもない文章。

 

それだからこそ。。。彼女の想いが伝わる文章。

 

読んでいて涙がこぼれた。

 

長いこと誰にも話すことができなかったこと。

 

ようやく外に吐き出すことができた。

 

あれから2年弱

 

ようやく”はじめの一歩”を踏み出した気がした。

 

理由と条件

大変長いこと書いていませんでした。

 

旦那との仲は相変わらずです。

 

もぅずいぶん長いこと言葉一つも交わしていません。

 

全く話をしなくても一緒に暮らせるのだなと感心してしまうほどです。

 

そうこうしている間に・・・息子は大学入学しました。

 

隣の県の大学なのでそう遠くはないのですが、 

 

一人暮らしをするように強く勧めて家から出しました。

 

こんな冷え切った家庭にいても肩身が狭い思いをするだろうし、

 

なによりも息子が自立して暮らしていけるようになってほしいと思ったから。

 

まあ、今はコロナの関係で大学は休校、実家からオンライン授業を受けていますけどね。

 

年末からこの春にかけて、様々なイベントがあったにもかかわらず・・・

 

旦那とは一切話をしていません。

 

息子の大学費用や一人暮らし準備費用などは、すべて息子のために積み立ててきた貯金から捻出。

 

そんなことも旦那は知らないのでしょう。

 

相も変わらす競馬や携帯ゲームばかりをしている様子。

 

息子が大学に入り、

 

そろそろ離婚に向けての準備を始めたほうがよいのではないかと考え始めました。

 

まあ、今年は娘の高校受験がひかえているのですぐすぐといった話にはならないでしょうが、

 

とりあえす自分自身の気持ちをまとめてみようと思ったのです。

 

 

≪離婚したい理由≫

 息子の送迎で遅くなった時、キレて暴言を吐かれた(高校2年生の7月ごろ)

網戸を蹴飛ばして破る

壁を殴って穴をあける

その後一切家事で手伝いをしない(ごみ捨て、風呂洗いも無視)

ベランダでタバコを吸うが、後片付けを一切しない、放置。

リビングでお菓子を食べ散らかす(捨てない)

飲んだビールの空き缶を放置

冷蔵庫のビールが空になった時、空箱を床に放置(ごみ袋にはいれない)

LINEはブロックされている様子なのでメッセージにて要件を伝えるが無視

月10万以上を自分自身のことで使っている(口座はマイナス)

夫婦間での会話がない

息子に対する態度と娘に対する態度が違う(息子のことは無視)

猫をいじめる(自覚はない様子)

かなり昔に「母親失格」とののしられたことがある

何のために一緒に暮らしているのかわからない

 

≪離婚するときの条件≫

 子供の親権

子供がまだ大学に行っている間は学費等の援助

財産分与(稼ぎは同等のはず)

マンションの権利(現在は2:1になっている)今住んでいる家に住み続けたい

退職金や婚費、慰謝料等は一切いらない(自分の稼ぎでやっていける)

子供名義のお金は財産分与には含まれず、本人たちに全額渡す

車は1台ずつ

 

 

以上がとりあえず思いつくままに書き出した理由と条件。

 

こんな理由で・・・??とか思われないかな?

 

とか

 

その条件はちょっと難しいんじゃない??

 

とか

 

言われないかな???と少々心配になります。

 

とりあえず・・・弁護士さんの意見が聞きたいなと考えています。

 

よい弁腰士さんがいたら紹介してほしいなぁ~。

 

旦那と話し合うのは・・・怖くて一人じゃ無理なんだよね。

 

そんだけ恐怖が植え付けられている。

 

早く恐怖から抜け出したい。

 

 

安井金刀比羅宮

大変久しぶりに更新します。

 

特に気持ちが落ちていたとか、しんどくて引きこもっていたとかではなく、

 

いろいろと忙しく、なかなかブログまで手が回らなかったというのが正直なところである。

 

もう半年以上も更新していなかったが、現状は相変わらずである。

 

主人とは全く会話がなく、関係は冷え切っている。

 

息子が部活を引退したので、私自身割とひまになり、土日に家にいることが多くなった。

 

主人は家に私がいることが耐えられないのか、どこか(多分競馬等)に一人で出かけることが多くなっている。

 

最初、息子の送迎等で私が家に不在なことが原因だったはずなのに、ほんと勝手なもんだなと思う。

 

いったい何処へ向かっているのか…と思ったりする。

 

 

 

縁切り神社として有名な

 

安井金刀比羅宮

 

今週末に大阪で仕事があったため、足を延ばして行ってきました。

 

f:id:gives0530:20191202023926j:plain

 

季節がらもあり、それはそれは大変な人の多さでした。

 

京都自体が観光客であふれていました。

 

有名な縁切り碑には参拝客がズラリと並び、とてもじゃないけど時間がなくて並べませんでした。

 

形代に願い事を書いて貼り付けてきました。

 

※写真は撮らない方がよい気がしたので縁切り碑の写真はないです

 

f:id:gives0530:20191202024506j:plain

 

お守りも頂いてきました。

 

大事に身に付けておこうと思います。

 

 

 

今回の参拝、正直悩みながらの参拝でした。

 

ここまで冷え切ってしまった縁と修復するのは難しい。

 

切れてしまったほうが楽になる

は分かっている。

 

それでも子供達の事を考えると…前に進めないでいる。

 

そんな状態で縁切りの願いをしてもよいのかどうか…。

 

そんな迷いを抱えながらの参拝でした。

 

将来的に切れるべき縁は切れて行くだろう。

 

全ては神様のお導きにて…と思いながらの参拝でした。

 

どのような結果になるのか、乞うご期待といったところです。

 

 

 

安井金刀比羅宮を参拝して、感じたことを一つ。

 

世の中にはこんなにもたくさん縁を切りたいと願っている人がいるのだ。

 

と。

 

それぞれが良い方向に向かうことを願って。

 

 

#安井金刀比羅宮

 

 

 

狂ってる

なんの改善もないまま…2ヶ月が過ぎていた。

忙しかった、とても。

話すことも何もなかった。

関係改善に労力を注ぐほど暇ではなかったというのが本音。

正直、害がなければどうでもよいとまで思うようになってしまった。

 

先日、大学卒業する甥っ子が旦那の実家に帰ってきていた。

息子と甥っ子はとても仲が良い。

甥っ子に会いに行くために実家へ行った。

実家には甥の父親、つまりは旦那の弟もきていた。

この義弟は現在の家庭内別居のことを知っているはず。

そして…義父義母も薄々は感じている様子。

旦那は仕事でこれないと実家に伝えてあったようだ。

誰一人として私に旦那の所在を聞いてこない。 

腫れ物を触るような…そんな扱いをされている。

 

気持ちが悪かった、とても。

義父母のことはとても尊敬しているし、恩義も感じている。

今のような状態を申し訳なく思ってしまう。

義弟のことは…こうなる前から苦手である。

できれば…会いたくなかった。

 

その3人がとても私に気を使っている様子。

なんだろう?この人たちは何を守りたいの?

気になるならいっそ聞いてくれた方が私は楽になるのに… 。

聞かないのは、そのことを現実として受け止めたくないからなんだと思う。

そうまでして…今の関係を壊したくないんだと思った。

こんな関係を一生懸命守って、何になるの?

気持ち悪い、本当に。

 

みんな……狂ってる。

全部壊してしまいたい衝動にかられる。

それでも…子供達の事を考えて、壊せずにいる私。

 

ワタシガ、イチバン、クルッテル

 

 

 

 

 

 

息子の反応

 

息子に離婚について話した。

息子は泣いた。

「将来どこに帰ってきたらよいのか?」

「パパに一生会えなくする気なのか?」

「結婚して、子供が生まれた時に、じいちゃんばあちゃんに合わせることができなくなるんよ。」

 

おおげさなと思った。

パパとママが別れるだけで、あなた達の親であることは変わりないんだから、好きに会いに行けば良いと話した。

でも、そういうわけにはいかなくなるやろう?っと反論された。

「どこに行ったかもわからず、最後に骨も拾えないで死んでしまうかもしれない。そんなの悲しすぎるやろ」

 

息子にとってはどんな父親でも大事な肉親なんだなと改めて思った。

いや、痛感させられた。

そう簡単に“離婚”なんて言葉を口にしてはいけないだと思い知った。

自分のことばかりで子供の気持ちに向き合っていないことを猛省した。

子供が第一とか言ってる割に、子供を一番傷つけたのは私だった。

 

再構築できるかどうかはわからないけど、少し歩み寄ってみようと思っている。

子供とも約束した。

向こうが嫌っているから無理かもしれないけど

2019年に思うこと事

2019年が明けた。

 

我が家の状況は相変わらずである。

 

年末クリスマスあたりから、息子の全国大会やカップ戦などが密に入っており、とてもとても忙しかった。

 

旦那は相変わらず。

 

年末も年始も一切言葉を交わしていない。

 

子供達は私と過ごす事が多く、初詣も子供達と私の3人で近くの神社に行った。

 

旦那は何を考えて過ごしているのだろう?

 

そんなことを考えたりもする。

 

私はもうすでに次の人生について考えたりもしている。

 

旦那の中では

 

離婚

 

というキーワードは存在しないのだろうか?

 

私の中ではすでに確たるものとして存在しているのに。。。

 

 

 

年明け、懇意にしている生命保険の担当者に連絡を取ろうと思っている。

 

私自身の生命保険の受取人を子供達に変更できないかを相談するつもり。

 

車の任意保険も旦那名義になっているため、私名義に変更できないかも合わせて相談するつもり。

 

離婚したとき、いろいろとめんどくさくないように…

 

今からできることを考えていこうと思う。

 

それが今年の抱負である。

 

断捨離も…しなくちゃね。

 

 

 

 

 

壁に…

9月になったある日

 

相変わらず主人とは一切の口も聞かずに過ごしていた。

 

話さなくても一緒に暮らす事ができるんだと不思議になる。

 

夜、各々食事が終わった後、子供達はそれぞれの部屋の戻る。

 

思春期の子供達は特有の行動だし、主人のいるリビングは息苦しくて息がつまるのであろう。

 

私は片付けが終わると…どこにいればよいのか…。

 

その日は娘の部屋にこもらせてもらった。

 

娘の部屋でうつらうつらしていると…

 

部屋の外から

 

ドン‼️‼️

 

と大きな音が聞こえてびっくりして起きた。

 

何が起こったのかわからず…でも、確認するために部屋を出るのはまた怖く…

 

主人が寝室に行くまで息を潜めて待った。

 

部屋を出て、廊下にでてみると…

 

f:id:gives0530:20181208120426j:plain

 

壁にこぶし大の穴があいていた…。

 

さっきの大きな音は主人が壁を殴った音だったのだ。

 

怖くて怖くて…震えた…。

 

主人は怒りを露わにしているのだった。